育毛剤の選び方

「髪の毛が薄くなってきた」とか「抜け毛が多くなってきた」と思ったら、育毛剤を使うことをおすすめします。育毛剤と言うとハゲの人がつけるイメージがありますが、ハゲる前に使うことでハゲ予防になります。

 

市販されている育毛剤にはいろいろな種類があり買うとき迷うと思います。どの育毛剤が一番効果があるのか、どの育毛剤が自分に合っているのか、迷った末に買うのをやめてしまう人も多いのではないでしょうか。

 

そんな人のために、育毛剤の選び方について紹介したいと思います。

 

まず、育毛剤は大きく分けると、「脱毛抑制タイプ」と「発毛促進タイプ」の2つのタイプに分けられます。

 

脱毛抑制タイプ
プロペシアに代表されるような抜け毛の原因となっている男性ホルモンを抑制する成分を多く含んだ育毛剤です。

 

発毛促進タイ
ロゲインやリアップに代表されるようなミノキシジルを多く含んだ育毛剤です。ミノキシジルは元々、血管拡張剤の1つでしたが、その副作用で多毛症となる患者が多かったことから、育毛剤として開発されるようになりました。ミノキシジルには、頭頂部の薄毛には効果が期待できるのですが、髪の生え際などの薄毛にはあまり効果が期待できないという特徴があります。

 

薄毛の最大の原因は、生えている髪の毛が通常の量以上に抜けてしまったことです。その抜け毛を防ぎ、現在生えている髪の毛を健康にしてコシやハリを与えることで、自ずと薄毛が解消されていきます。育毛剤を選ぶ時には、自分がどのようなタイプの薄毛なのかを正確に判断し、その状態に応じた育毛剤を選ぶことが大切ですね。おすすめの育毛剤は、ビタブリッドCです。

 

 

▼奇跡の育毛剤と言われる「ビタブリッドC」▼